ホンダのバイクは世界一

格好良いと言う事。

ホンダ

ホンダのバイクは格好良い

ホンダのバイクの良い所は、格好良いって事じゃないかなって思います。
他のメーカーのバイクも格好良いのはありますけど、でも全体的にホンダの方が圧倒的に格好良い車種が多いと思いますからね、
私はそういうホンダの格好良さが好きだなって思っています。

特に昔の古き良き時代のホンダのバイクは格好良いなって思っています。
昔の古き良き時代はカワサキも男っぽいバイクを得意としていて、そのデザインが秀逸な物が多いですけど、
国産バイクメーカーの本家本元も負けじとそのデザイン力を高めていった時代がありますからね。
この時代のバイクって言うのは芸術的なデザインの物が多いなって思います。

基本的にバイクのパーツなんて言うのは限れらている訳ですし、そう大きなデザインの違いは無い筈なんですけどね、
それでも車種ごとに大きなデザインの違い、個性の違いがはっきり出ますからね、バイクって面白い乗り物だなって思います。

私が好きなデザインはとにかく無駄の無いシンプルなデザインが好きなんですよね。
必要の無い物は全て無くした、みたいなね、そういうシンプルなバイクが好きだなって思っています。

日本のバイクの技術

ホンダには優秀な技術者が居ますけど、工業デザインの力もこれまた素晴らしい物がありますよね。
欧米のバイクとは明かに違う日本らしいスタイルのバイクで勝負をしていて、世界のバイク市場で人気を得て来たくらいですから、
日本のバイクが世界に出る事ができたのは間違い無くホンダの功績ですから、
ホンダって言うメーカーは思っている以上に優れた企業だと思います。

昔は本田宗一郎と言うカリスマ経営者、と言うよりもカリスマ技術者ですね、そんな本田宗一郎の力が世界進出には
大きな原動力になったんじゃないかなって思います。本田宗一郎氏は基本的に経営の事は他の人に任せて、自分は技術部門に
専念してたらしいですからね、一技術者としてバイクにのめり込んで行った、日本の典型的な職人タイプじゃないかなって思います。

だからこそ世界でも秀でたバイクを作る事ができたと思いますし、
多くの技術者が一緒になって開発に全力を注いでね、その夢を追い続ける事ができたんじゃないかなって思います。

今のホンダも私は嫌いでは無いですけど、テクノロジーの分野に力を入れている傾向がありますからね、
それはとても大事な事ですけど、本業のバイクの方もがんばって欲しいなって、これがホンダのバイクだ!って言うようなね、
ホンダらしいバイクを作ってほしいなって思います。

好きなメーカーへのこだわり

バイクって大体ホンダ党、カワサキ党、ヤマハ党、スズキ党、はたまたハーレーダビッドソン党とかね、
自分もすきなメーカーのバイクにずっと乗り続ける事が多いですから、そういうこだわりを持つのは良い事だなって、
私はもちろんホンダ党ですよ。最初から最後まで一貫してホンダ党で有り続けたいなって思っています。
私の友人も元々持っていたバイクを買い取りしてもらって、ホンダのバイクに乗り換えていました。

ちなみに、バイクの買い取りにはこういうサイトを利用したそうです。

http://www.bikeone.jp/

ホンダのバイクは良いバイクが多いですからね、私はみなさんにも是非ホンダ党になって頂きたいなって思います。