ホンダのバイクは世界一

ホンダのバイクはシンプルイズベスト。

シンプルイズベスト

ホンダのバイクの良い所は、構造がシンプルって事じゃないかなって思います。
ホンダって基本的にシンプルイズベストなバイクを作りますからね、その無駄の無い作りが最高のバランスだったりしますので、ホンダのバイクって凄いなって私は思います。

ホンダのバイクはさっきも言ったようにシンプルですから、メンテナンスをしていて楽しいですよ。
メンテナンスの仕方によってそのバイクの走りがかなり変わってきますから、愛情をかけてメンテナスすればするほど良く走ってくれたりしますので、ホンダのバイクは生き物だなって思うことが良くあります。

まぁシンプルがゆえの故障と言うのもあるには有りますけど、バイクはそういう所も自分でメンテして楽しい乗り物ですからね、余計な部品がゴテゴテと付いている醜いバイクよりも、私はシンプルでスマートなホンダのバイクが良いなって思っています。

ホンダのバイクは日本の誇り

ホンダのバイクは日本の誇りでもありますので、自分はホンダのバイクに乗っていると思える事も、ホンダのバイクの良い所じゃないかなって思います。

日本の国産のバイクメーカーは他にもありますけど、日本のバイクのパイオニア、日本を代表するバイクメーカーは何処かと言えば、誰もがホンダと言うでしょうし、世界中どこの国でも日本のバイク=ホンダと言う認識ですからね。
その世界のホンダのバイクに乗っていると言う事、これは他のメーカーでは得られない喜びじゃないかなって思います。

ホンダの創設者の本田宗一郎はカリスマですからね、日本の技術職人の代表みたいな人ですから、そういう創業者の人間的な面白みも、ホンダのバイクの魅力では無いかなって思います。
今の時代なかなかそういう技術者、経営者って出てきませんからね、本田宗一郎と言う人は傑出した人だったと私は思いますよ。

ですから私は出来るだけバイクはホンダに乗りたいなって思っていますからね、これからもずっとホンダ党でありたいなって思っています。
ホンダのバイクは乗っていて楽しいですからね、前述しましたように一台一台に個性があったりしますので、乗り手の個性がバイクに受け継がれたりしますから、ホンダのバイクにはそういう面白さがあるなって思います。

日本のバイク市場は厳しい

今はバイクの市場がなかなか厳しいですからね、特に日本国内のバイク市場なんてかなりピンチな状態ですから、私はもっともっと日本でバイクを愛する人が増えて欲しいなって思うんですけど、急激に昔のように復活するって言うのは考えられませんから、もうアジアの他の国の市場をメインにして良いんじゃないかなって思います。

東南アジア、タイとかベトナムとか、そういった国々ではバイクの需要はまだまだありますし、これからどんどん伸びる市場ですからね、そういった国々でホンダのバイクが活躍して行ってくれたら良いんじゃないかなって思います。

バイクはバイクが好きな人に乗って貰うのが一番幸せな事ですので、日本の市場が厳しいなら、日本と友好的な国でね、成長に勢いのある国の人達に愛されるのが良いんじゃないかなって思ってます。