ホンダのバイクは世界一

「技術のHONDA」と言われている

ホンダが世界でも技術のHONDAと呼ばれる理由

バイクメーカーにはメーカーそれぞれの特徴を表す言葉があります。
例えば、芸術のYAMAHA、漢のKAWASAKIといったメーカーのイメージ的な言葉です。

メーカーが作るマシンの特性や、走りなどから連想し、バイク乗り達が愛着を込めて利用する言葉ですが、それぞれのメーカーの特徴をうまくとらえている言葉となっています。
バイクといえばカワサキやホンダなどの世界的にも有名なメーカーが浮かびますが、今回は、ホンダが「技術のHONDA」と呼ばれる所以を紹介します。

ホンダ、本田技研とは

ホンダはHONDA技研工業株式会社という正式名称の企業です。
輸送機器や機械工業のメーカーとして世界的にも信頼度の高い企業です。
海外の方からもホンダのエンジンは最高と聞くことがありますが、オートバイ、自動車などを主軸に、製造販売を行っている企業で、もちろん、私達もホンダをいえばバイクや自動車メーカーとして理解しています。
最近はASIMO「アシモ」と呼ばれる非常に可愛い二足歩行型ロボットを発表し、世界を驚かせました。

更にバイクの世界ではHONDAを知らない人はいないでしょう。
CBという幅広い年齢層の方々に大人気のバイクを世に送り出しています。
国内の自動車学校などに行くと、二輪の教習でCBを利用しているところがかなりあります。

進化を遂げるホンダはいつしか、技術のHONDAと呼ばれるまでになっていったのです。
しかし技術のHONDAと呼ばれる第一の要因となったのはこのCBではなく、実は「スーパーカブ」なのです。

スーパーカブは世界で最も製造されたバイク

カブという名称は自動車補助モーターの愛称でもともと、バイクそのものを表す言葉ではなかったのです。
しかし1958年、ホンダがスーパーカブを発表、これが瞬く間に大ヒットとなり一躍スーパーカブという名称がバイクの名称として世界に広がったのです。
すでに2008年時点で全世界において6000万台!というスーパーカブが製造され、世界で最も製造されたバイクとして知られています。

乗りやすく何よりも故障しない、世界では現代の日本のようにちょっと故障したから乗り換えるという人たちばかりではありません。
エンジンさえ丈夫ならずっと使い込む、という人たちの方が多いのです。
そこに強固で頑丈なエンジンを持つホンダのスーパーカブが登場したのですから、世界中で人気となるのも当然でした。

時計のようだと評価されるホンダのエンジン

レースでは整備されたサーキットを走りますが、公道走行は常によいコンディションを保っているという事はありません。
コンディションが悪い道を走れば、エンジンだって傷みます。
そのたびに整備するのでは面倒ですし技術も必要です。

しかしホンダのスーパーカブは強いエンジンでコンディションが変わろうとも全く動じなません。
YouTubeでも話題になりましたが、22mの高さのビルからスーパーカブを落下させても、エンジンがかかるという驚異的な強さを誇っています。
世界が認め、愛され続けるホンダのスーパーカブ、このバイクが生まれたことが技術のHONDAと呼ばれる要因となったのです。