ホンダのバイクは世界一

ホンダのバイクが選ばれる理由

扱いやすさ

ホンダのバイクが選ばれる理由は、その扱いやすさにあります。
他社と比べてクセがなく、誰でもうまく乗りこなせてしまうのが魅力でしょう。

これは排気量が大きなバイクになるほど顕著に感じられます。
原付~中型クラスは、実力がそれほど高くなくても、それなりに乗りこなせてしまうものです。
車重も比較的軽く、パワーも公道にマッチしたものです。

その反面、750ccやリッタークラスになると、車重が非常に重たくなりますし、中型とは比較にならないほどハイパワーになります。
すると、乗りにくいバイクは本当に操作が大変となり、苦痛に感じられてしまうでしょう。
ホンダのバイクは、大型クラスになっても非常に乗りやすいのが特徴です。

ホンダの1800ccであるゴールドウイングは装備重量で400kgを超えていますが、その乗りやすさは通常のリッターバイクと何ら変わりません。
「乗ってしまえばなんとかなる」というのがホンダのバイクの特徴なのです。
そして、故障の少なさも魅力につながっています。

スーパーカブはまさにスーパー?

ホンダスーパーカブは、おどろくべき好燃費で知られているバイクですが、それ以外にも故障が極端に少ないという特徴があります。
ほとんどオイル交換をせずに乗り続けたという人もいますが、特に大きな故障はありませんでした。

少しくらいメンテナンスをさぼっても走ってくれるバイクといえば、やはりホンダのバイクの名前が最初にあがります。
デザインは万人向けであり、これといった強烈な特徴はなく、マニアは少ない傾向があります。

その反面、好き嫌いがほとんどなく、メーカー選びに迷ったらホンダにしておけば間違いないと考える方も多いのです。
ホンダのバイクに乗ってみると、体感速度はそれほどでもないのに、メーターを見ると信じられない速度が出ていることがあります。

高速域でも非常に快適であり、体感速度は100km/hくらいなのに、メーターは150km/hを優に超えていることもあるのです。
高性能パワーを快適に体感したいという方にとって、ホンダのバイクは理想的でしょう。
エンジン特性は非常にマイルドとなっており、全回転域でトルク感があふれています。

他メーカーでは、特定の回転域から急激なパワーを発揮するバイクが多いですが、ホンダは低中回転域もマイルドとなっており、チョイ乗りでも普通に使えます。
かしこまらずに乗られるバイクが多いため、通勤用バイクメーカーとしてホンダが選ばれているのでしょう。