ホンダのバイクは世界一

Team HRCも出場する全日本ロードレース選手権とは

日本最高峰のモーターレース全日本ロードレース選手権

バイクレースは日本国内でも多数開催されていますが、プロが集まる最高峰のレースとして位置づけられているのが、この全日本ロードレース選手権です。
年間を通じてヤマハやホンダなどのバイクブランドが、それぞれの技術を結集したマシンを集め、世界的にもレベルの高いライダーを起用して行っているレースとなります。
バイクブランドとしての威信をかけた選手権と言える、非常にレベルの高いもので、ここから世界選手権につながっていくことになります。

現在は4つのクラスに分かれてレースが開催されていて、使用されるマシンのタイプによって区分がなされています。
ホンダなどが参戦してより注目されるクラスは、JSB1000と呼ばれるもので、公道用一般販売仕様のバイクで600~1200㏄クラスのものが使用されます。

排気量が大きく迫力のあるレースとなりますが、一般用のバイクを使用していることもあって、より一般ライダーからの注目も高いレースです。
バイクメーカーとしても、自社の技術やコンセプトのレベルを問う重要なクラスとなりますので、かなり力を入れて参戦しているのが特徴で、非常に盛り上がるレースが展開されます。

ライバルに水をあけられていたホンダがTeam HRを復活させた

ここ数年、この全日本ロードレース選手権において、ホンダはライバルメーカーに負け続きで水をあけられていた状態でした。
そこで、2018年はTeam HRを復活させ、一気に攻勢に転じその力を見せつけようとしています。
このTeam HRは、長らく輝かしい歴史を作り上げていましたが、10年ほど前に活動を休止し、この2018年に満を持して復活となったホンダのチームです。

とても安定した実力を持つチームで、マシン自体の技術的な面も、チームとしての力も強く、実際の戦績も大いに期待できるものとなっています。
すでに表彰台を獲得しているラウンドもいくつかあり、このTeam HRの力が全日本ロードレース選手権で十分通用することが明らかになりました。

完成されたライダーが参入しており盤石の体制

Team HRの活躍は、レース参入の段階からすでに保証されていたようなものでした。
その一つの要因は、ライダーとして高橋巧を採用したことにあります。
高橋は鈴鹿8耐を含め様々なレースでの経験があり、ホンダのチームとも長い間一緒に戦ってきたため、すでにTeam HRの下地を持っていたからです。

新しいチームによって、再びホンダの躍進が進むと期待されている2018年全日本ロードレース選手権は要注目と言えるでしょう。
チームの力とライダーの力量がどこまで十分に発揮されるかが、注目のポイントです。