ホンダのバイクは世界一

マルケスが2018年の開幕戦カタールGPで表彰台へ

2018年開幕戦で好スタートを切ったマルケス

3月18日に2018年の開幕戦がカタールで開かれ、それぞれのチームの一年間の躍進を占うレースがなされました。
その中で、注目のホンダGPチームのマルケスが好スタートを切りました。
結果としては2位という結果でしたが、実に惜しい内容でした。

序盤から良いレース運びをして安定した走りを見せていたマルケスですが、中盤からはドゥカティのドヴィチオーゾとの闘いとなります。
最終コーナーでは前に飛び出し、このままトップでゴールするかと思いましたが、最後の最後でゴール前でわずかに抜かれてしまい、ほんの少しの差での2位となりました。

しかし、非常に良いレース運びで、ホンダというチームの結束力や技術の高さを見せてくれた開幕戦となりました。
完成度が高く安定したチームとなっていることがはっきりと示され、一年の活躍が大いに期待できる内容となったのは確かです。

いきなりの表彰台獲得で自信を深める

惜しくも2位という内容でしたが、もともとこのカタールGPはマルケスがどちらかというと苦手としていたコースでした。
そのため、むしろ2位という結果は期待を上回るかなり好印象のものだったとイrmsづ。
シーズン開幕戦でいきなり表彰台に上がることができて、これからのチームの体制やレース運ぶに自信を深められたのは間違いないでしょう。

本人のインタビューでも、開幕戦を好結果で終えられたことへの安心感がにじみ出ています。
チームとしていつも難しく感じてきたカタールGPで良い結果を出すことができたのは、ポジティブな面であること、ここ数年の結果と比べると、大きく前進しているというコメントを残しています。
開幕戦で良いスタートを切ることができて、これからの調整次第でポイントをさらに加算していけることを期待したいものです。

チームとしての力も非常に強い

GPでは一つのレースを無事に終えるというのはとても難しいことであり、常に何らかのトラブルが生じるものです。
このカタールGPでも、メインモニターの電源がいきなり落ちるというトラブルが発生したようです。
しかし、技術チームが素早く対応に当たり、大きな問題とならないように解決することができました。

チームとしての結束力や、個々の力を上手に活かす体制が出来上がっていて、どんな場面でも冷静に対応できるようになっているのは素晴らしいことです。
マルケスのチームメイトであるダニの調子がイマイチで結果に出ていないというのが心配の種ですが、こうしたまとまりのあるチームの中で徐々に力をいかんなく発揮していってくれることを期待するのみです。
ホンダの底力を見ることができる一年となりそうですので、すべてのレースの内容から目が離せません。