ホンダのバイクは世界一

「新型スーパーカブ」がトミカから発売!

往年の名機「新型スーパーカブ」がトミカで出てきた

トミカは男心をくすぐるたくさんの名車や名機と呼ばれるバイクを送り出してきました。
そのコレクションの中に、「新型スーパーカブ」が加えられました。

「スーパーカブ」はバイクの中で最も流通したモデルの一つとなっていて、商用バイクとしても個人の日常使用、さらには趣味のためのバイクとしても使われてきました。
50ccながら十分のパワーが備わっていますし、長時間の走行でも快適に走り続けられるポテンシャルを持っています。
高い経済性と耐久性があり、他のモデルでは考えられないほど長い距離、そして時間乗り続けられているのも大きな特徴となっています。

往年の名機とも言えるこの「新型スーパーカブ」がトミカとなったのは、ごく自然のことと言えますが、スーパーマシンのラインナップの中にあまりにも日常的なバイクが加えられたというのは、注目すべきことです。
それだけ人々から愛され、大事にされてきたモデルであると言えるでしょう。

細部にまでこだわった作りが素晴らしい

このトミカの「新型スーパーカブ」は、細部にまでこだわった作りとなっていて、手に取ってじっくりと見るとその良さがさらに理解できます。
プレートやエンブレムなどの、かなり顔を使づけないと見えないところまできっちりと作りこんでいて、実車をそのまま小さくしたかのような錯覚を覚えるほどです。
トミカならではの精密さで、「新型スーパーカブ」を愛してきた人にとってはとてもうれしい出来具合となっています。

全体的な質感も非常に高く、作りものという感覚をほとんど与えないほどのレベルです。
細かなパーツの雰囲気や、「新型スーパーカブ」が持つシンプルなデザインの良さなども上手に表現していて、本当に動き出しそうな感じがします。
もともと「新型スーパーカブ」は、よくあるスーパーマシンに比べるとパーツの数が少ないですし、デザインもシンプルなのですが、しっかりと作りこんでいるため、つまらないミニチュアになるのではなく、しっかりとした存在感を与えるものとなっているのです。

上手に素材を使い分け「新型スーパーカブ」の雰囲気をうまく出している

このトミカの「新型スーパーカブ」にはほかにも特徴があります。
たとえば、スポークの部分などは上手に透明樹脂を使って、質感を出すことに成功しています。
頑丈で取り回しの良い「新型スーパーカブ」の足回りの雰囲気がよく出ていて、上手に素材を使い分けていることが分かるでしょう。

このように、往年の名機である「新型スーパーカブ」のトミカ版は、ファンならずともとても魅力的に感じる出来です。
ぜひ一度手に取ってじっくりと観察してみることをおすすめします。