ホンダのバイクは世界一

GBシリーズの紹介

日本のバイク業界を牽引するホンダ

ホンダのバイクといえばその性能の高さが人気を集めており、多くの人が愛用しているバイクメーカーです。
見た目のかっこよさはもちろんですが、安定した走行性は日本はもちろん外国にも多くのファンがいます。

たくさんの人気車種がありますが、その中でも人気を集めているシリーズがGBシリーズです。
そこで、ここでは人気のGBシリーズの特徴を紹介していきます。

ホンダGBシリーズとは

ホンダGBシリーズとは、ホンダが販売していた単気筒エンジンを搭載したオートバイシリーズです。
第一弾として販売されたのが1983年に販売されたGB250クラブマンです。
その発売から2年後にはGB400TTやGB500TTが販売され、それと同時にロケットカウルが搭載されたGB400TT MkIIも限定販売荒れています。

GB250クラブマンはCB250RSの後継、発展機種に相当します。
そのため、GBシリーズはホンダCB系統にカテゴライズされており、開発当初はCBの名前を付ける予定でした。
しかし当時CBは時代の先端を進むイメージを作っていたために、GB250クラブマンの見た目が時代に逆行していると考えCBではなくGBと命名されたというエピソードがあります。

GB250クラブマンの歴史

1983年に登場した初代のGBは、CBX250RSのエンジンとフレームをベースにして一文字型のバーハンドルを採用していたりステップ位置が後方に配置されていたり伝統的なスタイルが生かされています。
オプションでリアシートに着脱可能なシングルシート風のカバーであったりアルミフェンダーであったりというパーツもつけることが可能でした。

1987年のモデルチェンジではキャブが38ミリに、フロントディスクローターが276ミリへと大径化しています。
また、シート面の形状変更によって足着き感が良くなっています。
それ以外にも2 into 1マフラー、スチール製チェーンケース、スポーク径をアップしていますし、文字盤はニューデザインとなっており、傍目には同じようなバイクに見えるもののさりげなく大幅に変更がかかっていました。

1989年のモデルチェンジでは、タンクのボリューム感が増したことによってかなり見た目に変化が出ています。
小物入れを備えたシートカウルが採用されたため、シートとタンクの形状が変わっているので見た目の違いだけでなく従来よりもポジションに自由度がでました。

メンテナンスフリーバッテリー、チェンジブレーキペダルといった変化もあり、質感向上もしています。
1992年1月にはフレームまで塗られたオールレッドのスペシャルカラーモデルが限定販売されたことも話題になりました。

1995年には外装が一新してツート—ンカラート立体風のソリッド・エンブレムを採用したタンク、新形状ダブルシート、新形状コンチネンタルハンドルが採用されており、見た目はかなり変化をしています。
エンジンは増量したフライホイール・マスによって単気筒らしい鼓動感が味わえるようになり見た目だけでなく走行性能も大幅に上がりました。