ホンダのバイクは世界一

PCXシリーズの紹介

街乗りで見かけることが多いホンダのPCXシリーズ

ふと見かけることが多いホンダのPCXシリーズは124cc原付二種のPCXと、152ccのPCX150、というラインナップがあります。
街乗りにちょうどいい排気量のPCXを狙っている方も多いと思うのですが、実はこのマシンにスペシャルエディションが登場し、価格も魅力的で、バイク購入予定の方にぜひ見てほしいマシンです。

カラーリングが魅力的なスペシャルエディション

PCXとPCX150のスペシャルエディションの魅力、まず一つはスポーティさを前面に打ち出したカラーリングです。
高級感がある外観デザイン、全投下器がLEDという魅力もありますが、今回採用されている特別なカラーリングが大きな魅力となっています。

主体カラーは上質さを感じさせるパールジャスミンホワイト、鋭さを感じさせるポセイドンブラックメタリックです。
フロントカバー、ボディーカバー、グラブレールにかけてはレッドストライプ、シートステッチとリアサスペンションスプリング、ボディーカバー側面、立体エンブレムなどにも、レッドを印象的に利用し、特別な1台であることを象徴しています。

環境性能に特化したグローバルエンジン採用

高級感のある外観デザインを採用しているほか、時代に沿った1台として環境性能に特化していることに注目です。
今回採用されているエンジンは環境性能に優れているスクーター用のグローバルエンジンです。
eSPというスクーター用エンジンを採用しているのですがこのエンジンの名前は、「強化、価値を高める」という意味のEnhanded、そして「洗練されて精密、高感度な」という意味を表すSmartに、「動力、エンジン」つまりPowerの頭文字をとってつけられています。

低燃費性を高める技術やACGスクーターといった先進技術を採用しています。
これは信号待ちなどの際に自動的にエンジンを止め、ガソリンの無駄な消費を抑制するシステムで、このシステムを利用していない時と比較するとガソリンを約7%節約できるといわれています。

環境に沿った配慮のある質の高いスクーターがPCXシリーズなのです。
これからの時代、こうしたスクーターを選択していきたいものです。

街乗り、有料道路を利用したツーリングにも最適

燃費性能に優れたスクーターである事、耐久性や静粛性にも優れていることなど、街乗りにも有料道路を利用したツーリングにも適したスクーターとなっています。
様々な状況で利用できる利便性の高さにより高い人気を誇っているため、街でよく見かけるスクーターとして認識されているのです。

PCXのスペシャルエディションの受注は期間限定での受付ですが、税込み価格も従来のマシンにプラス1万円で済むのですから、さらに人気が出る事間違いなしのPCXです。
魅力的な選択肢としてこれからこのクラスのスクーターを購入予定の方に自信をもってオススメできるマシンとなっています。