ホンダのバイクは世界一

シャドウの紹介

ホンダと言えばアメリカンタイプのオートバイも多数販売している企業として知られていますよね。
いわゆるクルーザータイプのバイクになりますが、ホンダでは特にスティードが有名なのではないでしょうか。
そのホンダが販売するクルーザータイプのバイクの中で、一際存在感を放っているのがシャドウになります。
ここでは、ホンダシャドウについてその軌跡、魅力をご説明したいと思います。

シャドウの軌跡

ホンダシャドウは、クルーザータイプのバイクであり、排気量別にいくつかの車種が存在します。
基本的に北米への輸出車輛としての立ち位置だったのですが、現在では日本で販売されるタイプもシャドウと銘打たれるようになりました。

NV750をカスタムした車輛がシャドウであり、外観のフォルムやフレームを一新しました。
このバイクの特徴として、クルーザータイプのバイクにありがちなドライブ時の振動が非常に少ないことが挙げられます。

振動が少ないので、長距離のツーリング時にも体に掛かる負担は少なく、また車輛自体に掛かる負担も軽減されています。
楽な姿勢でゆったりとロングドライブを楽しむことができるのは、クルーザーユーザーにとってはとても嬉しいことではないでしょうか。

シャドウ400・750は1997年に販売され、スティードに搭載されていたエンジンをカスタマイズ、ワイドレシオのギアを使用することで出力アップを果たしています。
また、シャドウ750に至っては、スティード600に搭載されていたエンジンをボアアップ、ストロークも変更されています。

シャドウの魅力

ホンダシャドウの魅力はいくつもありますが、そのうちの一つには低速トルク重視のエンジン特性による力強いトルクが挙げられます。
トルクが強いということはつまり、停車時からの発進や、坂道での発進において強い武器となる、ということです。
本格的なスポーツ走行を行うことは難しいですが、ちょっとしたワインディングのコーナーでは鋭い立ち上がりスピードを実現することもできるでしょう。

トルクがあるため、下から上までスムーズにエンジンが吹き上がり、快適なドライビングが可能となります。
ちょっとした街乗りの際にも利用することができますし、長距離のツーリングも楽々こなすことができるというポテンシャルの高さを秘めています。

また、その迫力あるスタイルも魅力の一つと言えるでしょう。
どうしてもゴールドウィングなどと比べてしまいがちかもしれませんが、このクラスのクルーザータイプとしては非常に重量感に溢れており、それでありながらスタイリッシュなフォルムを身にまとっています。

前述したように、このクラスのクルーザータイプとしては非常に振動が少なく、長距離運転をこなしても手足がしびれるといったことはありません。
これもシャドウの魅力と言えるのではないでしょうか。