ホンダのバイクは世界一

VTシリーズの紹介

ホンダのバイクと言えばCBシリーズが最も有名ではないかと思いますが、ホンダバイクの中で忘れてはいけない存在がVTシリーズです。
もともとはヤマハが世に送り出したRZ250に対抗するために開発された車輛であり、1982年に最初のモデルが誕生しました。
ここでは、ホンダのVTシリーズについて記述していこうと思います。

VTシリーズの軌跡

最初のVTが誕生した時代の背景として、250ccバイクは400ccバイクの廉価版のようなイメージがあり、どのメーカーもそれほど力を注いで開発をしていませんでした。
しかし、ヤマハが開発し販売を始めたRZ250がバイク業界の常識を打ち破ることに成功します。

ヤマハが世に送り出したRZ250は、コストパフォーマンスが高いことでも知られており、さらに高速道路も400ccクラスのバイクなみに走ることができるという特徴があります。
また、スポーツ走行におけるポテンシャルも高いと評判になりました。
それまで250ccバイクは400ccバイクの廉価版、というイメージを多くの方が持っていましたが、そのイメージがヤマハによって崩され、それ以降ホンダも本格的に打倒RZ250を掲げ新たな車輛の開発に乗り出すこととなります。

こういった経緯から開発されたのがVT250Fです。
ホンダが満を持して開発したこのバイクは、そのハンドリング性能の高さ、扱いやすさ、スポーツ性能の高さから瞬く間に人気車種に上り詰め、大ヒット車輛となったのです。
しかし、レプリカブームが到来すると共にVTは姿を消すこととなり、その系譜は後継機とも言えるVTZやスパーダに受け継がれていったのです。

VTシリーズの魅力

このように時代の流れと共に消え去ってしまったVT250Fですが、その系譜は後継機でもあるVT250Z・VTZ250、VT250SPADAへと受け継がれていきました。
後継機であるこれらのバイクの中でも、スパーダは中低速寄りのトルク特性にエンジンに改良が加えられました。
そのため、ゼロ発進やコーナーでの立ち上がり加速に大きな力を発揮しました。

また、軽量かつ高剛性を誇るアルミキャストフレーム、シリーズ最軽量となる153キロという車重、ブレーキ周りの強化を進め、安全かつ快適、そして速く走れるように様々な改良が加えられたのです。
こういった各部分の改良が功を奏し、市場でもそれなりに人気は高まりましたが、時代のトレンドはレプリカモデルへと流れていったので、そこまでの人気はつかめませんでした。

しかし、それでもこのシリーズの持つ魅力は沢山あります。
現在でもVTシリーズを愛車としている方も多いですし、他のホンダ車にはない魅力がVTにはあります。
分かる者だけに分かる魅力、大人の魅力を持っているバイク、それがホンダVTシリーズではないでしょうか。
ホンダの歴史を語る上で決して外すことはできないバイクの一つと言えます。