ホンダのバイクは世界一

バイクで遠出をするなら

ツーリングには750cc以上を!

バイクで遠出をするなら、750cc以上のビッグバイクをおすすめします。

重たいバイクは取り回しやコーナリングが大変と言われる方もおり、確かにフルバンクさせてUターンするような状況ですと400ccとリッタークラスでは歴然の差があり、バイクの重さに慣れていない方だと圧倒されるくらいの重量感があります。

しかし頻繁に取り回すことはありませんし、普通にコーナリングする分には重たくても問題はありません。
それよりも余裕のパワー・トルクの恩恵を受けられるメリットの方が大きいのです。

750cc以上(特にリッターバイク)は、長距離運転をすれば非常に快適なのが分かります。
エンジンに余裕があるのでアクセルをそれほど開けなくてもスピードに乗れます。

パワーの余裕が安全性に繋がる

日本の道路を走るのに、時速300kmもの最高速やゼロヨン10秒台の加速力も必要ないと言われる方は多いですが、パワーやトルクに余裕があると一般道を走行していても非常に快適なのです。

何より身体に伝わる振動がマイルドであり、運転していてあまり疲れないのです。
1日あたりの走行距離が増えるほど、中型バイクと大型バイクの疲れ方には歴然な差が生まれます。

パワーに余裕があることは安全性にもつながります。
排気量の小さなバイクだとブレーキングして危険回避するしかない場合でも、ビッグバイクだとアクセルを開けて危険回避することができるのです。

ゼロヨン10秒台の加速力でフル加速する場面などなくても、いざというときに加速力が安全性につながることは多いのです。
バイクのタイプ別に選ぶと、長距離にはツアラーが適しております。

車重は重いですが、それが安定性につながっており、路面からのショックに対してもマイルドとなっています。

レーサーレプリカと比べてかなりポジションが楽であり、ツアラーという名前のとおり、長距離ツーリングを目的として作られたタイプです。

現在は大型自動二輪の免許が教習所で取得できるようになり、街中でビッグバイクを見かけることが多くなりました。

それに伴って中型の需要が減り、ツアラーのほとんどはビッグバイクとなっています。
とにかく燃費を抑えたいという方には、250ccモデルをおすすめします。
パワー感はないですが、車重は軽いので必要十分な加速力があるのです。

燃費は400ccモデルと比べてリッターあたり5kmくらいはよくなっています。
250cc以下の車両になると、長距離ではパワー不足は否めません。
主な用途が長距離ツーリングなら、アップライトなポジションのタイプがベストです。

もちろん、カウルは付いていたほうがいいです。
風を受けないだけでも疲労感がまったく違ってきます。
前傾姿勢のレプリカタイプは、腰への負担が強くて長距離向けではありません。

シートはお尻に優しいものを選んでください。
シートが硬いとお尻が痛くなり、街中走行では気になりませんが、遠出すると苦痛に感じてしまうでしょう。
シートは形状にもこだわる必要があり、横幅がそれなりにあるものがいいです。