ホンダのバイクは世界一

関ヶ原を見に行きたいです。

天下分け目の関ヶ原の地へ

ホンダのバイクで今年の夏は、関ヶ原を見に行きたいです。
関ヶ原って言うと、昔徳川家康率いる東軍と、石田三成率いる豊臣の西軍とで戦った天下分け目の一戦の地です。
私は戦国時代の歴史とか大好きですから、関ヶ原の戦いも好きなんですけど、実際に関ヶ原に行った事が無いですからね、それじゃ戦国時代ファンとして情けないような気もしますから、今年の夏は関ヶ原を実際に見に行こうって思っています。

関ヶ原は今の岐阜県にありますから、岐阜ってなかなか行く用事が無いです。
今まで関ヶ原に行かずじまいでしたけど、今年こそは関ヶ原を見に行こうって思っています。

関ヶ原の戦いがもし…

歴史にもしはありませんけど、もし西軍が勝っていたら日本はどうなって居たかなって、そう想像するだけでも楽しいです。
関ヶ原の合戦が私は日本の歴史における大一番の合戦だと思いますので、なかなか面白い合戦でしょう。

しかもたった半日くらいで決着が付いていますからね、非常に濃い戦いであるにもかかわらず、半日で勝負が付いたんですから、半日で勝負が付いたと言うのは、私は被害は最小限に食い止める事が出来たと言えるんじゃないでしょうか。

もし関ヶ原の戦いが1週間、1ヶ月間と続いたら、かなりの兵が死んでいると思いますし、長引けば長引くほどどちらが勝つにしても国力が落ちるわけですので、関ヶ原の戦いが半日で済んだからこそ、その後の徳川の力が不動の物になったんじゃないかなって、もしこれが長引いていたら、仮に徳川が関ヶ原で勝ったとしても、その次の戦いで負けていた可能性が高いような気がします。

まず伊達政宗とか関ヶ原の戦いに参加してませんし、九州では関ヶ原の最中に黒田如水が九州をほぼ平定していますから、これらの勢力が独自、もしくは反徳川を組み込んで徳川を攻めない事は無いと思い思うんです。

伊達は徳川を攻めないだろうって思ってる人も多いかも知れませんが、伊達は多分絶対攻めます。
伊達の野心と才覚は半端じゃないですのでね、弱体化した徳川に付くなんて事はあり得ませんので、となると伊達や黒田を敵に回して、さらに関ヶ原の豊臣勢の残党も居るでしょうから、徳川が生き残る可能性はほとんど無いと言えるんじゃないかなって思います。

関ヶ原は徳川が勝って当然みたいに言う人も多いですが、私は徳川が勝利し、しかも半日でそれを終わらせたのは非常に希有な事で、織田信長が桶狭間で今川義元を討った時以上の奇跡と言えるんじゃないでしょうか。

関ヶ原についてちょっと熱く語ってしまいましたけど、私がけっこう戦国時代が好きって言うのは分かって貰えたと思いますからね、関ヶ原に行きたいって思っている気持ちも分かって貰えるんじゃないかなって思います。

ですので私は今年の夏はね、愛車のホンダのバイクで、関ヶ原を見に行きたいなって、「ここで戦国武将達が戦ったのかぁ~」みたいなね、悠久の歴史に思いを寄せる、そんな時間を過ごしたいです。