ホンダのバイクは世界一

琵琶湖一周ツーリング

琵琶湖、歴史めぐり

琵琶湖が誕生したのは400万年前、もしくは600万年前と言われています。
世界で3番目に古い湖です。
湖の周りは約200km、滋賀県の1/6くらいの大きさです。

この湖の周りには日本史の授業に必ず登場する、有名な史跡が数多くあります。
地理的に京に近いことが、史跡が多い理由の一つのようです。

そんな琵琶湖について知ることができるのが「琵琶湖博物館」です。
琵琶湖の湖畔にある烏丸半島にあるこの施設では、琵琶湖固有の魚や琵琶湖の地層など滋賀県と琵琶湖にまつわる展示を行っています。
琵琶湖や滋賀県について知ることで、琵琶湖観光に深みを与えてくれることでしょう。

そして次のおすすめスポットは「比叡山ドライブウェイ」です。
比叡山ドライブウェイは滋賀県大津市の他の谷峠から比叡山の山頂を結ぶ有料道路で、比叡山自動車株式会社が運営しています。

琵琶湖の南湖周辺を見渡すことのできるこの道路にはいくつもの展望スポットがあります。
この展望スポットから見える眺望のすばらしさは昼だけではなく、絶好の夜景スポットになっています。

夜景スポットであると同時に有名なツーリングスポットでもあり、多くのライダーが訪れる道路です。
緩やかなカーブの続く見晴らしのいい道は、世界文化遺産「比叡山延暦寺」につながっています。

788年に伝教大師最澄上人が開いた比叡山延暦寺は、1571年に織田信長によって全山焼き討ちされました。
その後復興され、現在の姿延暦寺となりました。

延暦寺は東堂、西塔、横川を合わせて周囲は約100キロメートルになる大きなお寺です。
山内をすべて回ると1日はかかってしまいます。
下調べをして、計画的にまわりましょう。

そして、琵琶湖といえば「彦根城」、彦根城といえば「ひこにゃん」です。
1604年に築城が始まり、お城が完成したのは18年後の1622年になります。
彦根城の天守は国宝に指定されています。

その「彦根城の周辺を散歩するのが好き」と公式サイトにある、ゆるキャラがひこにゃんです。
「ひこにゃん公式サイト」によれば、ひこにゃんが登場するのは彦根城天守前広場や彦根城博物館とのことです。
ゆるキャラの中でも人気の高いひこにゃん、ぜひとも会いに行きたいです。

最後は「安土城」です。
1579年に織田信長が築いた幻の名城、それが安土城なのです。

幻の、と呼ばれるのは理由があります。
まず、完成後3年で焼失してしまったことです。
火災の原因はわかってはおりません。

次に焼失してしまっただけでなく、安土城についての文献が少ないことも幻と呼ばれる所以です。
しかし、織田信長がこの安土城から望んだ絶景は今なお見ることができます。

ぐるりと琵琶湖を回ったら

最後はおいしいと評判の「焼き鯖の一本寿し」、これはぜひ食べたいですよね。
「塩津海道 鮒寿し魚助」の奥琵琶湖水の駅店です。
こちらでは魚助の鮒寿しなどのお土産もありますが、軽食レストランでのイートインができます。

琵琶湖といえば鮒ずしです。
琵琶湖を一周したとしても、鮒ずしを味わわなくては琵琶湖観光は完璧とは言えないですね。