ホンダのバイクは世界一

箱根に行ってみた

バイクを愛するライダーなら一度はツーリングに行ってみたい、と思うのは当然ですよね。
そんな私もバイクをこよなく愛するライダーなので、これまでに様々な場所へツーリングに出かけてきました。
その中でも特に印象に強く残っているのはやはり箱根でしょうか。
そこで、ここでは私が実際に箱根へツーリングに出かけた際のことについて記述してみようと思います。

思い切り走るなら箱根

日本には数多くのツーリングスポットや走りのスポットがありますが、箱根の山ほど走りに適した山はないと思っています。
充分な長さを持つストレートもあれば、タイトなコーナー、高速コーナー、連続するヘアピンなど、様々なコーナーがあります。
どういったコーナーでもうまく走れるようにしたいと考えるのがライダーにとっては大切なことですから、このようにひとつの場所で様々なコースを走れるというのは、ライダーとしての腕を試すためには最適なのです。

箱根の山は、今や日本中のライダーがその名を上げる走りのスポットです。
そのため、私がこの地を訪れた際にも各地から大勢のライダーが訪れており、ワインディングを攻めていました。

箱根の山を完璧に攻略することは難しいと言われますが、確かにその通りかもしれません。
理由としては、コース、コーナーのバラエティが豊かすぎて、一特性のバイクでは攻めきれないのです。
つまり、ロングストレートもあれば超のつくタイトコーナーもありますから、ハイパワーを極めたバイクでも、足回りを完璧にセッティングしたバイクでも攻略することは難しいのです。

私のバイクは400ccでコーナリング重視のセッティングですが、それだとコーナーは速く抜けれますが、ストレートでビッグパワーのバイクにあっさり負けてしまうのですよ。

ゆっくり走っても楽しめる

箱根に走り目的で足を運ぶライダーは多いですが、この地の魅力は走りだけではありません。
のんびり走っても充分楽しむことができるというのが箱根の山の魅力です。
何せ途中の景色が美しいので、つい立ち止まって写真撮影を始めたいくらいです。

実際、景色を写真に収めているライダーも大勢いますしね。
ゆったりとバイクを運転しながら景色を眺め、時々コーナーも攻めてみる、というのが最も楽しい箱根の走り方なのかもしれません。

また、箱根といったら忘れてはならないのが温泉です。
この地には温泉も沢山ありますから、峠のスポーツ走行を楽しんだあとはゆっくりと温泉で体を休めることができます。

私が箱根を訪れたときには温泉付きの旅館に一泊しましたが、日帰りでも充分楽しめるとは思います。
ただ、私の場合特に帰る必要もなく、料理と温泉を楽しみたかったので、一泊することにしたのですよ。
せっかく箱根に来たのですから、ただ走って帰るだけというのは少々勿体ないですからね。

それにしても、各地をツーリングしてきましたが、今でも箱根を超えるスポットはありませんね。