ホンダのバイクは世界一

北九州のツーリングスポット

意外と知られていない北九州のツーリングスポット

福岡県といえば博多エリアが有名であるために、あまり北九州の観光名所は知られていないものです。
しかし、実は北九州には観光名所だけでなくツーリングにオススメのスポットがいくつかあります。

一日で全てを回るのは大変なくらい色々とスポットがありますから、いくつか絞って走るのがオススメです。
そこでここではいくつかの有名な名所とそこをめぐるコースを紹介していきます。

北九州の雄大な自然を楽しむ

北九州氏の南には平尾台という日本3大カルストの一つがあります。
山の緑、空の青、石灰石の白といった見える景色は同じですが、秋吉台と大きく違うのはその道の作りです。

秋吉台はカルストロードと言われる国道を走ってツーリングを楽しみますが、平尾台は細く伸びた道を走っていきますし、途中にはアスファルトで舗装されてないルートも走っていきます。
そのため、普段のツーリングとは一味違った冒険気分が味わえます。

平尾台には鍾乳洞もありますし、アスレチックやバーベキューも楽しめる場所があるのでソロツーリングだけでなく友人とのツーリング、バイク好きのオフ会といった楽しみ方も可能です。
プランを考えてスケジュールを組めば一日かけてしっかりと楽しむことができます。

景色を楽しめるスポットがたくさんある

北九州は意外と景色が楽しめるスポットがあります。
ナイトツーリングであれば、北九州空港を目指すのもオススメコースです。
市街地から北九州空港まではルートも整備されており、初心者でも走りやすいコースになっています。

高速を抜けて国道245号線を走って空港に向かうのですが、空港が海上にあるために最後は長い橋を渡って空港に行きます。
北九州空港は海上空港であるため早朝から遅い時間まで飛行機が離着陸していますから、ナイトツーリングで空港まで行き夜景を楽しむのもオススメです。

同じくナイトツーリングが楽しめるのが門司港レトロです。
門司港レトロは夜間のライトアップがされているため門司港まで車で走らせて門司港散策を楽しむことができます。
また門司港のご当地グルメである焼きカレーの名店も多数あるので、ぜひ合わせて楽しみたいものです。

もしも時間に余裕があれば、関門海峡を通過して山口県に足を延ばすと夜間のライトアップされた橋を渡ってさらにナイトツーリングを楽しむことができます。
昼間でも関門海峡を渡ってツーリングで下関の観光名所を楽しむのもオススメです。

唐戸市場は新鮮な海鮮類が並んでいてその場で海の幸を楽しむこともできますし、お土産を購入することもできます。
少し足を伸ばせば角島や川棚といった観光地まで足を延ばすことができますから、昼間の下関と帰り道で夜のライトアップされた門司港と一日かけて周辺の景色を楽しむツーリングプランがたてられます。