ホンダのバイクは世界一

道東地方へ温泉巡りも兼ねてツーリングしました

初夏の北海道へいこう!

初夏の北海道は、旅行には最適の季節と言えます。
雨が少ないのは当然なのですが、湿気もなく乾いた空気がとても気持ち良いのです。
新緑と残雪が見事に混ざりあっている北海道の山々を見ながらのツーリングは、味わうことの出来ない心地良さを教えてくれます。

素晴らしい時期に愛車に乗って温泉めぐりをしようと思い立ち、目指すは道東の温泉地です。
北海道には数多くの温泉地がありますが、この道東にも良い温泉が一杯あるのです。
札幌市内を早朝に出発して、朝の風を感じながらのツーリングはそれはもう気持ちの良いスタートになります。

今回は二泊三日の旅の予定で、それぞれの宿へは予約も入れて準備はばっちりです。
気温6度と肌寒い朝ですが、今日も晴れの天気が待っていてくれるのでしょう。
朝から雲ひとつない天気で、愛車も爽快に走ることが出来そうです。

札幌から道東の温泉地までは本当に遠くて、高速道路を乗り継いで更には一般道もかなり走ることになるのです。
だけど広い道というのは都会の狭い道とはまったく違いどれだけ走っても疲れ知らずで、逆に気持ちい気分でずっと走ることが出来るので不思議でした。

一時間程度の運転で休憩を取ってみたり、途中でアイスクリーム屋さんを発見して新鮮な牛乳でつくられたソフトクリームは日本一だと思いましたね。

道東での行程について

一日目は夕方になって宿泊先の宿についたのですが、そこは人里離れた山の中にある宿で、リピーター率No.1と言われているので期待がどんどん膨らみます。

食事の美味しさとか接客の良さなどは当然なのですが、時にはフクロウを自然界で見ることが出来る素晴らしも残っている宿などです。
清流の音を聞きながらの宿、心地良い一夜が待っているのでした。

二日目は宿泊地を出発して10キロも走らないうちに着くのが、摩周湖の裏摩周展望台です。
多くの人は、一般の展望台からしか見ることがないと思いますが、一般の展望台の反対側にあるこの展望台からの景色も素晴らしいものがあります。
ここは、必見と思います。

更にツーリングは続き、この日も良い天気で最高の気分です。
車がほとんど走っていないこともあり気分良く走れますので、思わずスピードを出してしまいそうになりますが、そこはスピード違反に気をつけで走行しましたよ。
今日の二つ目の目的地は屈斜路湖で、大きな湖なのですが場所によってはお湯が湧き出ているとても不思議な湖です。

なんでも自然の露天風呂もあると言うのですから不思議ですよね。
最後は今日の宿泊地、阿寒湖温泉です。
マリモで有名な湖で、温泉街も充実しているのでした。
二日目でもあり今日は早めの到着して体を休めることにして、夕方には湖を巡る遊覧船に乗って見てマリモの生息を見学しにいきます。

写真では見たことあったのですが、実際に生で見ると本当不思議な生きものだと思いました。
明日は札幌まで帯広経由、道東道を使っての旅が待っているので早めに就寝します。
途中で燃料も補給して、いざ最終日です。
天候は相変わらず晴天が続いているので、まるで今回のツーリングの旅を祝ってくれているかのようです。

今日は初めて走る道東道で、トマム、占冠など滅多に通ることのない街を通りすぎるのが、とても楽しみな日になります。
ここは高速道路を使わないで一般道を走って綺麗な景色と自然の風を感じながらツーリングできる良いスポットです。