ホンダのバイクは世界一

バイク天国ベトナム

日本と違って驚くことだらけ

ベトナムはバイク天国といわれるだけあって、どこを見てもバイクだらけの国です。
日本とは別の国なので、当然法律も違います。
だからバイクの乗り方や常識が日本とは違うのは当たり前ではあります。
とはいえ、日本人にはびっくりな交通ルールもあるんです。

「赤信号はとまれ、なのに右折?!」
ベトナムでは信号は赤でも右折はできるのです。
日本ではありえないことです。

ですが、実はアメリカも赤信号でも右折できます。
ベトナムだけが特別ではないのです。

赤信号でも右折はできますが、当然ですが歩行者と車には気を付けなくてはなりません。
それは日本と同じですね。

「子供は何人乗ってもいいの?」
ベトナムでよく見る光景なのですが、バイクに小さな子供2人を含む4人で乗っていることがあります。
これは乗車人数からするとベトナムでも違法です。

ですが、ベトナムにはバイクの乗車人数に関する法律に例外があります。
それは小さな子供は、年齢によって違いますが、既定の乗車人数に追加で2人まで乗れるのです。
車よりバイクの普及しているベトナムならではですね。

「優先されるのは前の車?」
ベトナムのライダーやドライバーは車線変更の時に後続車の確認をしないのです。
なぜでしょうか?
それは前にいる車の方が優先されるからです。

ベトナムの車やバイクは、車線変更を行うときはゆっくりと変更します。
後続車は前の車に道を譲るか、若しくは割り込まれないように前に出ます。

ホンダのバイクが一番人気

ベトナムのバイク市場にホンダが参入したのは1990年代です。
ホンダのバイクは瞬く間にベトナムで最も人気のあるバイクメーカーになりました。

この異様なまでのホンダ人気の一つに「90年代の日本に住んでいたベトナム人」というキーワードがあります。
当時日本に住んでいたベトナム人の中に、中古のホンダ製バイクをベトナムに大量に輸出している人たちがいました。

その結果、「ホンダ」はベトナムでバイクの代名詞になり、他社のバイクもバイクはすべてホンダと呼ぶようになりました。
スズキのバイクに対して「スズキのホンダ」のような呼び方もあるくらいです。

1996年にベトナムに進出したホンダのバイクが人気の理由は、
・品質の良さ
・中国製のホンダ部品を安く手に入れられること
などがあげられます。
その他にもホンダのバイクは正規の代理店以外でも修理をしてくれることや、丈夫であること(スーパーカブ)などの理由があります。

ベトナムの名物はバイク渋滞?

世界有数のバイクの保有率を誇るベトナムならではの名物ともいえるのがバイク渋滞です。
朝のラッシュの時間帯は驚くほどのバイクの量に圧倒されます。

乗っている人たちは自転車と同じ感覚なのでしょうか?
ほとんど距離を開けずに走行しています。

ベトナムのホーチミン市などの大都市を訪れる人はぜひこのバイク渋滞を堪能してください。
ですがくれぐれも事故にはお気を付けください。