ホンダのバイクは世界一

オフロード走行の快適性にこだわって設計された「CRF1000L」

力強さを感じる機能性を考えつくしたデザイン設計

「CRF1000L」は、オフロード走行をメインとしたバイクで、デザインもパーツ選びも、ボディ設計もすべてがこのために考えられた一台です。
アグレッシブで力強さを感じさせるデザインは、見る人を引き付けるものがあって、今までにない斬新なイメージを与えてくれます。
見た目の良さだけでなく、オフロードでの使用をしっかりと考えていて、取り回しを邪魔することなく堅牢な作りを実現しているのです。

さらに、必要なところでは剛性のある素材を用いつつ、他のところではできる限り軽量化を図っていますので、見た目のごつさとは裏腹に、とても軽くて取り回しがしやすいというメリットを持っています。
また、全体的な印象とは異なり、スリムなボディーとなっていて、細かな動きをしやすく、微妙なマシン運びを難なくこなせるというのも、この「CRF1000L」のすごいところです。

オフロード走行を満喫できるスペック

「CRF1000L」は1,000㏄エンジンを搭載していて、その力強いトルクが自慢です。
変速比を独自のバランスに合わせているため、オフロード走行で必要となる、低速での力強く粘りのある走りをしやすいようにしています。
もちろん、だからといって高速走行での伸びが犠牲になっているわけではなく、どんなシーンでも快適に走れるように調整されているのが特徴です。

実際に、走行モードの設定をすることができるようになっていて、シーンごとに最適なモードを選べます。
オフロードモードは当然のことながら、シティー走行やツーリング走行などのモードもあって、オフロード一本だけでなくありとあらゆるシーンで走れるバイクとして活躍してくれるでしょう。
それぞれのモードで、よりこのマシンのパワーを発揮することができるようになっていますし、無駄な燃料を消費することなくエコに走ることも可能です。

快適な走りを実現してくれる装備もうれしい

オフロードバイクは、不必要なものを可能な限りそぎ取ってシンプルにすることが多いですが、この「CRF1000L」では同時に快適な走行を楽しめる装備も持っています。
もちろん、重量やスペースを取ることなく、従来のパーツを改善してより使いやすいものとすることによって、これを実現しています。

たとえば、センターパネルは縦長で、一目で様々な情報を把握できるようにしています。
また、ツーリングにも役立つリアキャリアは、ぱっと見では収納スペースがあるようには見えないものの、シートを上向きに上げれば十分なスペースが確保されていて荷物を収納できるようになっています。
シートの微調整もできるようになっていて、それぞれの乗り手の好みに合わせることができます。