ホンダのバイクは世界一

シャープなラインと新設計のエンジンを搭載「Gold Wing」と「Gold Wing Tour」

長距離ツーリングに文句のつけようがないマシンがホンダから登場

ホンダはどのタイプのバイクでも安定感のあるモデルを出してきていますが、ツアラーバイクにおいても同じことが言えます。
その安定した品質と他を圧倒する性能を持ったモデルとして、新たに「Gold Wing」と「Gold Wing Tour」が発表されました。
どちらも長距離ツーリングに適したマシンとしての位置にいて、スペックや装備、デザインのどの点を取っても文句のつけようがない仕上がりとなっています。

「Gold Wing」と「Gold Wing Tour」は基本的なエンジンや足回りの構成は一緒となっていますが、よりTourモデルの方が大きくなっていて、より快適なツーリングができるようになっています。
快適なシート構成や材質の選択がなされていますので、長時間乗り続けていたとしても、疲れを感じることなく快適にライディングを楽しめますし、タンデムシートも快適な走行が可能です。

余裕のある走りが楽しめるスペック

「Gold Wing」と「Gold Wing Tour」は、1800㏄の大型エンジンを搭載し、ユニカム方式の水平対向6気筒となっています。
クラス最大の排気量となっていて、高速走行を長時間続けてもゆとりのあるドライブができるというメリットがあります。

また、水平対向式となっているため、振動や騒音もこのクラスのエンジンの中ではかなり少なく、高級感のある走りを楽しめるのもうれしいところでしょう。
音響機器をツーリング中に使用して、快適な旅としたいというライダーも多いので、このエンジン構成はとても優れたものと言えます。
剛性のあるフレームを独自のダイヤモンド構造にして搭載していますので、ボディが安定していてどんなシーンでも信頼できる走りを実現してくれるというのも、このモデルならではの特徴です。

高級感のあるデザインと使いやすい装備が人気の秘密

こうした基本スペックの高さに加えて、デザインの素晴らしさも「Gold Wing」と「Gold Wing Tour」の人気を高める秘密です。
スポーティーでアグレッシブな印象を持つものの、高級感を失うことなく高級ツアラーとしての風格を身にまとっています。
このデザイン設計は単に見た目の良さだけでなく機能性も高めるものとなっていて、夜間でも見やすいライトの配置で、大型バイクなのに周囲が見渡しやすい作りです。

さらに、インフォメーションパネルも充実していて、スマホとの連動も簡単に行うことができ、メインパネルで簡単に操作できるという特徴があります。
ツーリングを完璧に楽しむためのすべてが詰まっているバイクですので、満足度が非常に高い一台に仕上がっています。